内容証明の作成代行サービス

 神奈川県鎌倉市の行政書士事務所です。弊事務所では、全国対応で、内容証明郵便の作成代行・郵送業務を承っております。以下に、ご案内いたします。

1、内容証明に関する考え

 
弊事務所がこれまで作成してきた内容証明は、配偶者の不倫相手への慰謝料請求、ストーカー相手への警告、遺産分割の申し入れ、遺留分減殺請求、共有物分割請求、未払い給与請求、時効の援用、解雇無効の主張、ネット販売に関するもの、いじめに対する警告、変わったところでは、宗教法人からの執拗な勧誘に対する警告、執拗な新聞勧誘員による契約勧誘に対する警告、などがあります。弊事務所の作成した内容証明郵便が裁判において証拠として提出されたこともあります。

 内容証明には一定の法的効果が発生する場合があります。時効の援用、債権請求、債権譲渡、慰謝料請求、遺留分減殺請求などです。例えば、遺留分減殺請求においては時効があり、「遺贈があったことを知った時から1年間行使しないとき」「相続開始の時から10年を経過したとき」に、遺留分減殺請求権は時効を迎え、本来受け取れるはずだった相続財産を失ってしまう可能性があります。また、ローン会社が一定期間支払いの請求をしてこない場合には消滅時効が成立しますが、債務者は時効を援用しなければなりません。これらのような場合は、相手への意思表示は証拠として残る内容証明郵便で行います。

 証拠として残す場合以外でも、内容証明を相手に送るためには、何らかの法的な理由がなければなりません。法的な理由もなく内容証明を相手に送るならば、相手を脅迫することになり、逆に相手から法的措置を取られる可能性もあります。従って、本当に内容証明を出して良いのか、出すための法的理由は何か、しっかり考えて行う必要があります。

 では、どのような内容の文章を記載すべきでしょうか。内容証明も手紙の一種ですので、記載すべき内容が明確に決まっているわけではありませんが、弊事務所では、次のような内容を記載しております。
・問題の原因
・問題の結果
・原因と結果の因果関係
・問題の法的根拠
・問題から発生する権利
・相手に対する法的な要求事項
・その他、差出人の心情的状況等

 これらのことを、端的に相手に伝えることが必要であると思います。事実関係、事実から生じる法的関係だけでなく、場合によっては差出人の心情も記載しております。

 この点、法的関係のみ記載すれば良いとも思いますが、差出人の気持ち、精神的苦痛の程度等、差出人の精神的部分の記載してほしいと依頼されることもありますし、相手にも差出人の気持ちを伝えることが適切と思われることがあるからです。できるだけ、依頼人の不利にならない限りで、依頼人の要望に答える内容にしております。

2、内容証明作成代行・郵送手数料

文案作成 5,000円
郵送業務 2,000円
郵送代    2,000円
----------------------------------
 計     9,000円

※文案の作成着手後キャンセルされる場合は、文案作成分5,000円をお支払い頂きます。
※弊事務所気付で郵送される場合は、別途2,000円を加算させて頂きます。

3、手順について

 以下に、メールでのやりとりで内容証明作成代行・郵送代行をする場合の手順をご案内いたします。なお、弊事務所にお越し頂ける場合は、下記(1)については、弊事務所でお伺いすることになります。

(1)弊事務所よりお客様に質問事項をメールで送付させていただくか、お客様から、これまでの経緯をメールで頂きます。
        ↓
(2)お客様からお伺いした内容を基に、弊事務所で文案を作成させていただき、メールでお客様に送信させていただきます。
        ↓
(3)お客様に文案をご確認、ご検討していただき、修正箇所等ございましたら弊事務所にメールや電話等でご指摘をいただきます。
        ↓
(4)弊事務所で、訂正個所を訂正させていただきます。
        ↓
(5)お客様が最終的に内容証明の文案にご納得いただきましたら、手数料のお振込み先をメールさせていただきますので、お振込をお願いいたします。
        ↓
(6)手数料のお振込みを確認させていただいた後、弊事務所が内容証明の郵送の手続をさせていただきます。
        ↓
 以上で手続きは終了となります。尚、内容証明郵便の控えは、弊事務所からお客様に郵送させていただきます。

以上、ご案内いたしました。
是非、検討して頂ければと思います。

相続・離婚・遺言・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668