離婚|離婚と姓 − 細川行政書士事務所

  離婚と姓について

1、離婚と配偶者の姓

 婚姻により姓を変えた配偶者は離婚により旧姓に戻ります。しかし、旧姓に戻ることで生活に支障をきたすこともあるため、離婚後も離婚時の姓を名乗ることができます。

 離婚時の姓を名乗るためには、離婚後三か月以内に、届出人の住所地か本籍地の市区町村役場に「離婚の際に称していた氏を称する届」を提出します。その際、離婚相手の同意は不要です。


 離婚三か月後過ぎに離婚時の姓を名乗るためには、「氏の変更届」を家庭裁判所に提出し、家庭裁判所の許可を得なければなりません。 離婚時に離婚前の姓を選択した後で旧姓に戻す場合も同様の手続きが必要です。

2、離婚と子供の姓

(1)子供の戸籍と姓は、親の離婚を原因として変わることはありません。

 例えば、夫を戸籍筆頭者とする子供のある夫婦が離婚した場合、妻はその戸籍から抜け、姓も旧姓に戻りますが、子供は夫の戸籍に残り、姓が変わることもありません。但し、子供の戸籍記載事項には、両親の離婚の事実と親権者が記載されます。

(2)母親が親権者でも子供の戸籍は父親と一緒であることがある

 離婚後の親権者が父親か母親かに関らず、子供は離婚前の戸籍に残ります。 日本では、夫を戸籍筆頭者とする婚姻が多く、逆に離婚した場合の親権者は妻が指定されることが多い為、親が離婚した場合、子供の親権者は母親で戸籍は父親と一緒というケースが見られます。子供が父親に引き取られ育てられるときは問題ありませんが、母親に引き取られるときは、母子の姓が違うことになり非常に不都合な日常生活を強いられることになります。

(3)子供を母親の戸籍に入れる

 そのような場合には、子供の姓を変更することで母親の戸籍に入れることができます。手順は以下の通りです。

1)子供の姓を母親の姓にする

 子供の姓を変更する手続きは、子供の住所地を管轄する家庭裁判所に「子の氏の変更許可」の申し立てをします。「子の氏の変更許可」の申し立ては、子供が15歳以上であれば子供自身で申し立てができますが、15歳未満の子供の場合は法定代理人がしなければなりません。その為、離婚時に親権者と監護者を別にしている場合、監護者からの申し立てはできないことになります。

2)子供の戸籍変更手続き

 子供の氏の変更手続きの許可が出たら、家庭裁判所の審判書の謄本を添えて市区町村役場に子供の入籍届を提出します。 子供が15歳以上であれば本人が、15歳未満の場合は親権者が行います。

3)子供が20歳(2022年からは18歳)になると姓の再選択ができる

 上記のように子供の姓の変更をした場合で、その子供が20歳(2022年からは18歳)になった後1年以内であれば、子供自身で現在の姓か、出生時の姓に戻るかを選択できます。戻りたい場合は市区町村役場に届け出をすればよく、家庭裁判所の許可は不要です。
 但し、その期間を過ぎた場合は、家庭裁判所で「子の氏の変更許可」の審判を経て、その審判書の謄本を添えて、市区町村役場に母の戸籍への入籍届をします。

  離婚せずに戸籍の姓を変える


 ここ最近、旦那様からの依頼で、旦那様の戸籍の姓を結婚以前の姓に戻したいとのご相談がありました。つまり、旦那様が、お婿さんとして奥様と結婚する場合、旦那様は奥様の戸籍に入り奥様方の姓を名乗ることがよくあります。これを旦那様が結婚する以前の姓に戻したいということです。

 先述のとおり、離婚すれば旦那様は自動的に離婚前の姓に戻りますが、離婚することなく、ただ姓を戻したいということですので、別の方法になります。

 この場合、裁判所に姓を変更する訴えをして、裁判所の判断が改姓を許すものであれば、旦那様は姓を変えることができます。しかし、よほど重大な理由がなければ裁判所は改姓を許可してくれないようです。

 弊事務所に相談に来られた方の話では、故郷のお墓の名義に関する話で、檀家としての自分が、これまでの姓を引き継がない限りお墓の使用権も引き継げないとかいう理由で、神社から姓を変えなければ墓の使用権も認めないと言われたようです。そこで、裁判所に改姓の申し立てをしたのですが不許可になってしまい、弊事務所に依頼に来られたとのことでした。

 このような離婚とは関係なく姓を変える場合は、先述のとおり、裁判所に姓の変更の申し立てをするのが本来の手続きですが、裁判所も許可をしないことがほとんどです。このような場合は、市役所に複数の申請をすることにより旦那様の姓を変えることにします。

 手続きとして、まずは、ご夫妻で離婚届を役所に提出します。その際に、旦那様は自分が筆頭者になり新しい戸籍を作ります。これが戸籍に反映されるまで、役所にもよりますが、概ね1週間程度かかるようです。そのあと、旦那様の新しい戸籍が作成されたことを確認後、改めて奥様との結婚の届け出をするわけです。これにより、旦那様を筆頭者として旦那様の結婚前の姓になっている戸籍に奥様が入籍することになり、奥様も旦那様と同じ戸籍で旦那様の結婚以前と同じ姓になるわけです。

 もしお二人にお子様がおられる場合は、お子様を新しい戸籍に入籍させる必要があります。そこで、お子様を入籍させるために入籍届を役所に提出する必要があります。お子様が15歳未満であれば、ご夫婦がお子様の代理人として役所に申請することになり、お子様が15歳以上であれば、お子様自身が申請人として、役所に入籍届を提出することになります。

 以上で、旦那様は結婚前の姓に戻ることができます。本来の趣旨とは少し違う手続き方法になりますが、やむを得ないものと思います。

 弊事務所では、離婚に際して決めたことを公正証書にする業務を承っております。
>>離婚公正証書の作成代行

相続・離婚・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668