内容証明の書き方/出し方 − 細川行政書士事務所 

◆内容証明郵便とは

 
内容証明郵便とは、通常の手紙やハガキと同じ郵便です。ただ、通常の郵便と違い「どのような内容の手紙を」「何時誰が誰に出したか」ということを郵便局で証明してくれるものです。そして、「配達されたのか」「いつ配達されたのか」を証明するためにも、必ず「配達証明付き」にすることが必要です。

 なお、方法として電子内容証明郵便もございますが、幣事務所では旧来の赤枠の用紙(打ち込みはパソコンを使用します)を使用して、特定郵便局において旧来の方法で内容証明を発送いたします。こうすると、相手に到達する日がほぼ予測できますので、事情によって発送する日を決めることができます。

◆内容証明の書き方

1、用紙

 用紙は自由ですが、手書きの場合は、日本法令などの専用用紙を使う方が便利です。

2、決まりごと

@内容証明は同じものを3通作成します。
A一行20字以内一枚26行以内(縦書き、横書き両方OKです。)
B使用できる文字は、かな、漢字、数字。英字は固有名詞のみ。なお、日本文のみです。外国文の内容証明はできません。一般の記号は使用可能です。句読点、記号も一個一字で計算します。
C内容証明は何枚になっても結構ですが、契印(割印)が必要です。
D訂正方法が決まっています。(二重線で抹消し「二字削除一字加入」のように記載する。)
E差出人の住所、氏名、受取人の住所、氏名を記載する。通常は差出人の氏名の下に捺印をします。
F封筒の表面に受取人の住所、氏名、裏面に差出人の住所、氏名を記載します。封をしてはいけません。

◆内容証明の出し方

内容証明郵便にする手紙3通
・封筒一通
・差出人の印鑑
・郵便料金

を持って集配郵便局(指定無集配郵便局)へ行きます。内容証明郵便は「配達証明付き」にしてください。配達証明とは、受取人に配達されたかどうか、配達されたら何時配達されたのかを証明するものです。手紙一枚で配達証明付きの場合、合計1220円程度かかります。内容証明の枚数が増えれば費用も加算されます。

相続・離婚・遺言・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668