相続人調査【戸籍謄本の取り寄せ:収集】−細川行政書士事務所

 鎌倉市の細川行政書士事務所です。ホームページをご覧いただきありがとうございます。ここでは、弊事務所の相続人調査(戸籍謄本の収集)の代行サービスについてご案内いたします。

1、相続後の手続き

 相続は、ある方が亡くなられたその時に発生いたします。相続が発生しましたら、亡くなられた方の残された財産や負債を相続人間で話し合い、相続人の誰がどの遺産を相続するか決めます。これを遺産分割といいます。そして、遺産分割で決めたようにそれぞれの遺産を処理する手続きをしなければなりません。

 銀行預金がありましたら銀行に出向き、預金を各相続人に振り分ける手続きを行わなければなりません。不動産があれば、法務局に相続登記を申請しなければなりません。その不動産は、相続人が取得するか、売却して売上金を相続人で分けることになります。

 さらに、相続財産の額が法定の非課税額額を上回っていた場合には、税務署に相続税の申告をしなければなりません。借金などの負債のほうが、遺産より多い場合は、相続放棄を裁判所に申請する事になるかもしれません。

2、相続人調査とは 

 上記の相続手続きを進めるためには、まずは、誰が相続人になるか調べる必要がありますが、これを相続人調査といいます。

 相続人調査の具体的方法は、亡くなられた方の出生時の戸籍から死亡時の戸籍まで収集し、さらに、その過程で明らかになった相続人(もしくは代襲相続人)の現在戸籍を収集することです。

3、相続人調査の代行サービス

 亡くなられた方が本籍地を移動していない場合は比較的容易ですが、被相続人や相続人が本籍地を相当数移動している場合は、そのたびに新たな市役所に戸籍の請求をせねばならず、難儀をする場合もあります。また、諸般の事情があり戸籍収集をすることが困難な方もいらっしゃるでしょう。

仕事で時間が取れず、戸籍収集ができない。

亡くなった親が離婚前に生んだ子供(自分の義兄弟)がいるが、健在か否か、どこにいるのかわからない。

亡くなった親に養子がいたことが分かったが、相続の連絡をとりたいが所在が分からない。

親が亡くなったと役所から通知が来たが、再婚してるのか、子供がいるのか、相続関係がわからない。

亡くなってから相当年数が経っているが、相続関係も複雑になっているようだ。

 弊
事務所では相続人調査(相続人の戸籍の取り寄せ)を承っております。なお、相続人調査のほかに、遺産分割協議書の作成代行承っておりますので、併せてご検討いただければと思います。相続人調査、遺産分割協議書の作成で相続手続きの9割方は完了したことになります。

 他に、不動産登記や銀行手続きもございますが、不動産登記は法務局に予約をして相談すれば親切に教えてくれますし、銀行の手続きも相続人調査のために収取した戸籍があれば対応してくれます。銀行や法務局での手続きはご自身で行うことも可能です。

 相続の専門機関に依頼した場合、高額な報酬を要求される場合もございます。高額な相続財産がない限り、相続人間で話し合いがまとまりさえすれば、相続手続きは案外容易にできます。ご自身で手続きを行わるほうが経済的でしょう。一度、弊事務所にご相談いただければと思います。

 また弊事務所では、相続人調査、遺産分割協議書作成の代行のほかに、司法書士と提携し不動産登記にも対応いたします。また、ご自身で相続登記をされることをご希望の方には、相続登記申請書以外の必要書類を全てご用意いたします。あとは、予約を入れて法務局の相談係まで伺っていただくだけです。

4、相続人調査の手数料

・相続手続きに必要なすべての戸籍、住民票を収集する場合 20,000円
・特定の相続人の戸籍、住民票のみを収集する場合 1通2,000


10年以上も前に亡くなられた方の相続で、その間に他の相続人が亡くなられていた場合(数次相続)や、代襲相続が発生している場合は、別途料金を頂く場合がございます。お問い合わせ頂いた際に、お見積りさせて頂きます。
※実費(戸籍謄本代等)は別途、ご負担をお願いいたします。すべての戸籍収集の場合、通常は1万円〜2万円程度となります。

相続・離婚・遺言・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668