遺言書はありますか − 細川行政書士事務所

死亡届の後にすることは、遺言書の有無を確認することです。

 遺言書が見つからないまま遺産分割がすんでしまい、後から遺言書が出てきた場合には、遺産分割のやり直しになる可能性もあります。遺言書の内容によっては、相続人が変わったり、相続分が変わったりします。ですから、まずはじめに、遺言書の有無を確認する必要があります。

 遺言書には、主に、自筆証書遺言、公正証書遺言、秘密証書遺言の3種類があります。この中で、自筆証書遺言秘密証書遺言が見つかった場合には、勝手に開封してはいけません。家庭裁判所に提出して検認の手続を行う必要があります。

 
検認の手続きは、遺言者本人が書いたものであるということを確認したり、改ざんを防いだりするもので、検認を行わないで遺言書を開封した場合は、5万円以下の過料に処せられます。

 
これに対して公正証書遺言は、検認の手続きを行う必要がありません。これは公証人が作成するものであり、改ざんの恐れがないからです。

 公正証書遺言の場合、まず最寄の公証役場に出向き調査してもらいます。平成元年以降に作成されたものならシステムがオンライン化されているので、どこの公証役場で作成されたものでも確認できます。それ以前のものは、実際に作成された公証役場に出向く必要があります。心当たりある公証役場に出向き調べます。

 自筆証書遺言の場合、心当たりのある場所を探します。箪笥の中や鞄の中、大事にとってあるノートなどに記載されている場合もあります。

相続・離婚・遺言・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668