離婚届の書き方

 ここでは、離婚届の各記載項目について記載方法をご案内いたします。まず、一般的な注意点ですが、もし誤った記載をしてしまった場合は、誤った箇所に二重線を引いて訂正印を押印する形で修正します。もし書き間違えをした場合には修正液を使わない、ということです。なお、訂正印とは、訂正したことを証明するために二重線で修正した箇所に押印することです。

(1)氏名
 ご夫婦それぞれが、ご自身の氏名を書きます。氏名は戸籍に記載されているもので、離婚前の氏名を記載することになります。同じ戸籍に入っている人の姓は、日本人であれば同姓になりますので、離婚届作成の段階では夫婦の氏は一緒になるはずです。

(2)生年月日
 ご夫婦それぞれの生年月日を記載いたします。離婚届もいくつかのパターンがあるようで、年号にあらかじめ和暦の「昭和」、「平成」が記載されており選択できるものもありますし、空欄のものもあります。最初から和暦が記載されているものは丸印等をつけて選択します。空欄のものは、ご自身で和暦、西暦のいずれかを選択して記載します。

(3)住所
 住所は、住民登録をしている住所を記載することになります。住民登録をしている住所とは、現在の住民票を取得すると表示されている住所のことです。したがって、ご夫婦が別居しており、それぞれが異なる住民票に登録されているのであれば、それぞれの住民票の住所を記載することになります。もっとも、離婚届けと同時に転居届を提出する場合は、転居先の住所を記載いたします。

(4)世帯主の氏名
 ここでは、ご夫婦それぞれの現在の住居の世帯主を記載することになります。したがって、ご自身が一人暮らしをする場合や、ご自身とお子様が新しい住所に移っている場合は、ご自身が世帯主になります。一方、ご自身とお子様がご自身の親の住所に移転している場合は、親が世帯主になります。

(5)本籍
 離婚をする前の本籍地を記入します。本籍がわからない場合は戸籍謄本を取得して確認します。そして、そこに記載されている本籍をそのまま記載します。なお、ここで注意したいのは、たとえば「1丁目1番地」と記載されているのであれば、「1丁目1番地」記載し、略して「1−1」という形では記載しないようにします。

(6)筆頭者の氏名
 戸籍のとおり、夫または妻の氏名を記載することになります。

(7)父母の氏名
 夫と妻それぞれの、実の父と母の氏名を記入します。もし、父母が離婚している場合や既に死亡している場合であっても省略せずに記載します。

(8)父母との続き柄
 離婚する当事者と(7)で記載した実父母との続き柄を記載します。「長男」「長女」、「二男」「二女」のように記載します。「次男」「次女」とは書きませんので注意が必要です。その後は、「三男」「三女」のように、漢数字で記載します。

(9)離婚の種別
 離婚の種類についてチェックを入れます。ほとんどが協議離婚、調停離婚、裁判離婚ですので、そのいずれかにチェックを入れます。調停離婚の場合には調停成立日、裁判離婚の場合には判決確定日をそれぞれ記載します。

(10)婚姻前の氏にもどる者の本籍と筆頭者
 婚姻前の氏にもどる者については、婚姻前の戸籍に戻るか、新しい戸籍を作るのかをチェックします。婚姻前の戸籍に戻る場合には、その戸籍を確認の上、本籍及び筆頭者の氏名を記載します。新しい戸籍を作る場合は、その新しい戸籍の本籍地を記載します。本籍地と住所地は異なりますので、移転先の住所地の通りに書けばいいわけではないので、役所の方に記載の仕方を聞いて記載したほうが確実でしょう。

(11)未成年の子の氏名
 ここでは、未成年の子がいる場合のみ、その氏名を記載することになります。夫が親権を持つか、妻が親権を持つかは事前の話し合い等(調停や裁判の場合もあり)で決めたと思うので、その話し合いに基づいて親権を持つ側に子どもの名前を書きす。もっとも、親権を持ったほうの戸籍に自動的に入るわけではないので、もし子どもの戸籍を移すことになる場合には入籍届が別途必要となります。

(12)同居の期間
 ここでは、同居を始めたときと別居したときをそれぞれ記載します。

@ 同居を始めたとき
 結婚式を挙げた日か、一緒に暮らし始めた日のいずれか早いほうの日を記載します。
A 別居したとき
 別居した時期の日時を記載します。

(13)別居する前の住所
 夫婦が別居をしている場合は別居前の住所を記入します。夫婦が同居している場合は、空欄のままにします。

(14)別居する前の世帯の主な仕事
 該当する箇所にチェックをします。

(15)夫妻の職業
 夫婦の具体的な職業を記載する体裁になっていますが、記載するのは5年ごとに行われる国勢調査の時期だけで良いので、離婚届作成時が国勢調査の年でなければ記載しなくても構いません。

(16)届出人の署名・押印
 必ず本人が署名・押印するようにします。代筆をしてはいけません。なお、ここでの印鑑は認印にでもかまいませんが、シャチハタ、ゴム印は使用してはいけません。

(17)面会交流・養育費の分担
 面会交流及び養育費の分担について、それぞれ該当する方にチェックを入れることになります。なお、これらの事項は、離婚と同時に届出をする必要はなく離婚後の協議によって定めても構いません。すなわち、これらの事項が決まっていなくても離婚届は受理されることになります。ただし、後々のトラブルを防ぐためにも離婚届作成時までには決めておいた方が良いでしょう。

(18)証人(協議離婚の場合のみ)
 雛形にも注意書きがされているように、協議離婚の場合だけ証人が2名必要となります。証人は20歳以上である必要があります。そして、証人に以下の内容を記載してもらった上で押印してもらう必要があります。
•署名
•生年月日
•住所
•本籍地
なお、もし証人が見当たらないという方は、幣事務所の証人代行サービスをご検討願います。

相続・離婚・遺言・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668