特別受益と寄与分 − 細川行政書士事務所

 相続人は、法定相続分にしたがって、相続をうける権利があります。しかし、被相続人の生前に、一部の相続人だけが、事業を起こす資金を出してもらったり、結婚の際に持参金をもらったりする場合もあります。

 一方、被相続人の財産の維持や増加などに貢献する場合、例えば、「被相続人の家業を手伝い、財産の増加に努めた人」や、「長年、被相続人の介護や看病を行った人」がいた場合、このような相続人に対し何
も配慮せず法定相続分にしたがって割合を決めるのは、不平等です。

 このような場合に対応するため、「特別受益」、「寄与分」の制度があります。「特別受益」や「寄与分」を考慮し、遺産分割をする必要があります。

◆特別受益とは

 相続人が贈与や遺贈を受けていた場合、他の相続人と公平になるようにその分を相続分から差し引く制度です。特別受益になる贈与とは、婚姻・養子縁組のための贈与(持参金、新居の費用、道具類)や生計の資本として贈与を受けた場合などです。

◆寄与分とは 

 
寄与分とは、被相続人の生前、その財産の維持・増加に特別の貢献をした相続人にほかの相続人よりも多く相続財産があたえられるものです。寄与分を認めるかどうかは、相続人間の協議で決めます。寄与分は相続財産の中には入れずに計算して分割するので、寄与分権者は自分の相続分の他に寄与分も受け取れることになります。寄与分が認められるのは、事業を手伝っていたとか病気の相続人を長年にわたり看病していた場合などです。ただし、寄与分は相続人に与えられるものなので、相続人の配偶者などには認められません。
                                 

相続・離婚・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668