遺産分割協議の仕方 − 細川行政書士事務所

遺産を相続することが決定したら、その財産をどのように分けるかを決めなければなりません。相続人が1人の場合は問題ないですが、相続人が複数いた場合、「誰が」「何を」「どのくらい」取得するかが問題となります。

遺言により、各相続人の取得財産が指定されている場合は、その定めに従うのが原則です。遺言がない場合は、相続人同士の話し合いにより、相続分を参考に遺産分割をすることになります。

遺産分割は、相続人全員で話し合いがまとまれば、どのような方法でもかまいません。法律上は法定相続分が規定されていますが、これにとらわれずに自由に分けることができます。また、遺産分割の内容は、遺産分割協議書として作成します。

1度作成した遺産分割協議書は原則としてやり直しができないので、よく話しあってから作成する必要があります。また、遺産分割協議は、相続開始後ならいつでもできます。

遺産分割協議は相続人全員一致の意思表示により決定する必要があります。しかし必ずしも相続人全員が集まって協議をする必要はなく、書面持ち回り などの方法でもでもかまいません。
相続人であるかどうかの地位に疑問のある人をのぞいた遺産分割協議は、後日その人が相続人に確定すると無効になってしまいます。
               

相続・離婚・内容証明
細川行政書士事務所
TEL:0467-45-8668